効果の高い名刺とは

名刺を差し出す女性イラストビジネス名刺には、暗黙のマナーがあります。
例えば、名刺の大きさは、横が91ミリ、縦が55ミリ。
オリジナル性の高い名刺を配る人も最近は増えてきていますが、受け取る側からすれば、サイズに統一性のない名刺は整理しにくいのです。
同様に、厚さに関しても、薄すぎてず、厚すぎないのがマナーです。
ビジネスの役割を果たさない名刺も、マナー違反です。
通常は、氏名・会社名・所属部署・役職・電話番号・FAX・メールアドレスを記載するのが基本。
個人事業主の場合は、会社名や所属部署などは省略することが多いとしても、メールアドレスだけ記載して電話番号はなしという名刺は、ビジネス相手としてあまり信用されません。

名刺でインパクトを与えるポイントとして取り入れたいのが、カラーです。白黒のシンプルな印刷のほうが、予算は低く済みます。もう一歩進んで、効果をアップしたいと思ったら、1色でもカラーを添えてみると違ってきます。元気やエネルギーを示すのが赤、誠実や信頼を示す色として青など、色にはそれぞれにイメージがあるのです。企業のイメージカラーとも受け取られることが多いため、上手にカラーを取り入れることで、情報量を多くする以上の効果を出せます。

業者への依頼は高い?

費用の問題は、ビジネス名刺の作成を業者に依頼することをためらう理由にあげる人が多いようです。名刺作成の費用相場は、デザインによって異なります。名刺作成業者「デザイン名刺.net」を参考に見てみると、校正なしの通常注文で、100枚約1,000円といったところです。
名刺の作成はそれほど高額な費用とはいえませんが、それでも費用を抑えたい人にとっては高く感じてしまうかもしれません。比較対象となるのは、自分での名刺作成です。といっても、自分で名刺を作成することが手軽そうに思えるときほど、実際にかかる時間や費用を無視しがち。仕事をしながら名刺を自作するとなると、仕事の合間に時間を割くことになります。おまけに、費用は、業者に依頼する以上にかかる場合もあるのです。

名刺には、片面印刷と両面印刷があります。両面に印刷されているほうが、凝った印象を与えることができます。情報を掲載できる量も、両面印刷のほうが多くなります。費用的には両面印刷のほうがアップしますが、両面印刷の名刺を自作するとなると、かなり難しいテクニックが必要になります。それを思えば、業者に依頼したほうが比較的リーズナブルに済ませることができるはず。名刺作成の比較検討は、具体的な費用と時間について考えてみてください。

業務用名刺作成の流れ

ビジネス名刺を業者に依頼したとき、どんな流れになるのでしょうか。まず最初に行うのは、見積もりです。どのような名刺を何枚ほしいのか、業者に伝えると見積もりをしてもらえます。オンラインで発注する場合は、メールなどで見積もりの返信を受け取ることができるでしょう。ここでは、まだ、具体的なデザインについては相談しません。ただし、大体のデザインの目安は伝えたうえで見積もりをしてもらうことになります。見積もりに、発注者と受注者が了解できたら、具体的なデザインの相談に入ります。

デザインの相談は、あらかじめ作成してある原稿を名刺作成業者に入稿するか、業者が用意しているデザインから希望を選択するかになります。よりオリジナリティの高い名刺にしたい場合は、データ入稿を選ぶのが向いています。業者ごとに、データ入稿のルールがありますので、あらかじめルールを熟慮したうえでデータを入稿するようにしましょう。デザインが決まれば、印刷がスタートします。印刷された名刺が納品されたら、印刷ミスがないかどうかをチェックします。枚数が合っているかどうかも確認して、問題なければ取引が完了です。次に同じ名刺を発注する場合は、枚数だけオーダーすれば、スムーズに名刺を作成してもらえます。

ビジネス名刺は業者に

業者にビジネス名刺の作成を依頼するには費用がかかります。もちろん、自作の名刺が無料なわけではありません。名刺を作成する際には、どのくらい時間がかかり、費用はどのくらいかかるのかを具体的に比較検討することが大切です。多くの場合、スピーディーに少ない予算でも良い名刺を作成できるのが、業者への依頼のメリットだと言えるでしょう。

業者にビジネス名刺を依頼すると、大体どこの業者でも同様の流れで名刺の作成が進行します。最初に行う必要があるのが、見積もりです。どのようなデザインが希望か、大体のところを枚数と合わせて告げれば、業者から見積もりの回答をもらえます。費用に納得できれば、デザインを相談することになります。一見、手間がかかるようでいて、全ての工程を自分で行うことに比べれば、各段に時間を節約できるのが業者への依頼です。

凝ったデザインの名刺は、費用が高くかかるもの。そうはいっても、名刺をもっと効果的なビジネスツールに格上げすることも大切です。インパクトのあるビジネス名刺を作成するには、カラーを入れてみるのも一つの方法。企業や職業のイメージカラーを1色でも名刺に取り入れてみると、一目で個性を発揮できます。どのような名刺がビジネスの効果を上げてくれるか、具体的なアドバイスでサポートしてくれるのも、専門業者に名刺の作成を依頼するメリット。ビジネス名刺の作成で迷ったときには、専門業者に頼ってみるのが効果的な解決となります。